【物語】30年間恋愛経験なしの俺にも彼女が出来た!(9)

jacker

2017年9月11日

これまでのあらすじ


Kさんを仕事の名目でカフェに誘い、過去を聞きだした。
そして、カラオケに誘うことができた。
30年間彼女がいない俺にとって、初の女性との2人きりのカラオケデートは大いに楽しかった。
Kさんも盛り上がってくれて大いに助かった。
この流れを大切にして、俺は次のデートに誘うことにした。


会えない日々


http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/192/192983/131231_hcok%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B001_cs1e1_x1000.jpg


しかし、ここで問題が生じた。
Kさんと連絡が取れなくなったのだ。


俺はLINEで失敗したことがある。
別の女性にウザったらしいやり取りをしてブロックされたことがあるのだ。


だから、俺は臆病で、KさんとはLINEは交換していなかった。


Kさんとの唯一の連絡手段は「電話」しかない。
メールアドレスもわからない。


俺はカラオケの次の週の土曜日にKさんに電話をかけた。
しかし、出なかった。
そして、日曜日にも電話をかけた。
またもや、出なかった。


結局、その週はKさんから電話は来なかった。


俺はすっかり意気消失してしまって、K,さんに嫌われたのだろうか……と自問自答を繰り返した。


次の週がやってきた。
俺はKさんとは連絡は取らなかった。
毎週毎週連絡をしてしまい、失った友人関係も、俺にはある。
それらの教訓をしっかりと生かして、なんとか「しつこい男」にはなるまいと決めていたのだ。


4月に入った。
第1週の土曜日に電話をかけた。
またしても、出なかった。
次の日の日曜日に電話をかけた。
やっぱり出なかった。


俺は確信した。Kさんは俺を避けている……と。
恐らく、カラオケデートで何かしらしでかしてしまったに違いない。
俺は自分を呪った。せっかくカラオケまで行きつけたのに、ここでThe Endとは……。


しかし、その日曜日の夜、ショートメールが入った。
Kさんからだった。


俺は勢いよくメールを見た。


Kさん「ごめんなさい! 最近仕事が忙しくて、電話に出られなくて……」


俺は安心した。嫌われていなかったのだ。


俺「大丈夫ですよ! お仕事頑張りすぎないで下さい!」


この『頑張りすぎないで』というのは、俺にとって魔法のことばだ。


そして、Kさんは昨日から熱があり、体調が悪いことも教えてくれた。
俺は「無理しないで下さい」と返信した。


こうして4月は結局、Kさんに会えなかった。


そして、運の悪いことに、5月は俺がライターの仕事で忙しくて、Kさんに連絡を取れなかった。いや、取らなかった。


自分に余裕がないと、他人を巻き込んでしまうのが、俺の性格だ。
それを知っていたから、5月は俺からKさんに連絡をとるのはためらわれた。


そして、6月になった。最初の土曜日に久しぶりに電話をかけたが、またでなかった。
どうもKさんは出不精らしい。それもわかってきたから、俺はきつくは落ち込まなかった。
次の日の日曜日にも電話をかけたが、今度もKさんから返事はなかった。


実を言うと、俺は4月~5月あたりに別の女性のことが気になっていた。


ライターの交流会で出会った1歳年下のライターの女性Yさんだ。


もう思い切って、その人を好きになろうかと思ったこともある。
しかし、俺はKさんをあきらめきれていなかった。


今度連絡を取れなかったら、KさんをあきらめてYさんの方に行こうと決断した。


そして、6月の第2週の土曜日に、Kさんに電話をかけた。


プツッ 
Kさん「もしもし~」


出た!!!!!
久しぶりにKさんの肉声が聞けて、俺は高揚した。


ここで、しばらくの間の近況報告を軽く済ませ、6月23日に再びライターの仕事でカフェに来てくれないでしょうか?
という頼みごとをした。


Kさんは快く引き受けてくれた。


一気にライターの女性Yさんのことが、俺の頭の中から消えた。
やっぱり、俺はKさんが好きだったのだ。


こうして、およそ3か月ぶりに、Kさんとデートをすることに決まった。


解答編


http://12tsukinokokoro.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/DSCN6782.jpg


それにしても、3か月というのはやはり間をあけすぎだと思う。


この3か月の間、俺自身もそうだったように、Kさんに彼氏ができないとは限らない。


俺はあまりそれについては深く考えなかったが、この3か月という空白の時間はあまりに長すぎると思う。


そして、一番よくないのは、その間に俺が「変化」しなかったことだ。


やっぱり、好きな人と会えない時期というのは、自分磨きに精を出すのがいいに決まっている。


しかし、俺は平坦なライターの日々を送って、自分自身を向上させる努力をしなかった。


次にKさんに出会うときに、「あれ? 今までとは違う?」と思わせることによって、この3か月の空白の時間の効力が出てくるのに……。


俺はそういう努力をせず、ただたんにKさんと会えることしか考えていなかった。


はっきり言って、Kさんに甘えていたんだと思う。


これが後々どう出るかは今はまだわからないが、人は変化を好むものだ。


特に女性はそうだ。


それを見せられるかどうかは、次のデート次第なのだ。


変わりゆく存在であれ


http://toushi-kyokasho.com/wp-content/uploads/2015/05/39281207_s-304x214.jpg


これまでも言ったように、人は変わっていくものに魅了を感じる。
何も変化がない人間など、何も魅力的には映らないだろう。


この「変化」とは社会的なステータスや見た目のルックスもあるが、
もちろん「中身」というのも大事だ。


そして、「中身」の充実こそが、人が他人に求める第一要素である。


このような簡単なセオリーを皆さんはどうか覚えておいてほしい。


タグ

関連記事

100%出会える系サイト特集

コメント

コメントを投稿

登録者数No.1はPCMAX!

18禁公式サイト:http://pcmax.jp/

最近PCMAXが熱い!
まずは無料登録から。

おすすめ出会い系ランキング

自分から彼女を探したい!
おすすめの出会い系サイトを集めました。

出会える体験談

私は、このサイトを使って出会えました。
出会いの体験談をご紹介します。

恋愛コンサルタント一覧