【物語】30年間恋愛経験なしの俺にも彼女が出来た!(13)

jacker

2017年10月02日

これまでのあらすじ


Kさんとしばらく音信不通の日々が続いた。
その間、元同僚のSさんと連絡を取ることができた。
そして、俺はライブでKさんに告白することを決めた。


Sさんが仲介人に!


http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/2444103i?


相変わらず、Kさんとは連絡が取れなかったが、Sさんが味方に付いてくれたのは大きかった。


SさんはKさんと同じ部署で働いていて、毎日話をする。


そんなSさんがKさんに俺のことを聞いてくれたらしい。


9月の後半、そのことについて、Sさんから電話がかかってきた。


Sさん「Kちゃんも〇〇君のこと悪く思ってないらしいよ!」


俺は安堵した。それよりも、これでもかというくらいうれしい瞬間だった。


てっきりKさんに嫌がられていて、連絡が取れないのかと思っていたこともあったのだ。


Kさんは俺を意識してくれているみたいだ。


そしてSさんは俺とKさんとSさんと3人で近くにある大きなお寺に参ることを提案してくれた。


10月1日、3人でお寺に行くことになった。


お寺参り


https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/96/Zentsu-ji_in_Zentsu-ji_City_Kagawa_pref16s5s4020.jpg/270px-Zentsu-ji_in_Zentsu-ji_City_Kagawa_pref16s5s4020.jpg


10月1日がやってきた。


Sさんが迎えに来てくれて、Kさんも合流し、お寺に向かった。


Kさん「全然連絡取れなくてごめんなさいね……」
俺「大丈夫ですよ! それより、お忙しかったんですよね? お父さんは大丈夫ですか?」
Kさん「父はもう大丈夫です! いや~この数か月はホントに忙しかったな~」
Sさん「そうよね!」


Sさんはいわゆるゆとり系の女子で、年上にもかまわずため口を使う。


俺たち3人は本堂に向かった。


本堂で俺たちはお賽銭を入れて、願い事をした。


俺の願いはもちろんこうだ。


(Kさんと恋人になれますように……)


他の2人が何を願ったのかは不明だ。
Kさんが長い間、願い事をしていたことが印象的だったが……。


ライブに誘う


お寺で参拝中、俺たちは仲良しのグループのように楽しんだ。
会話が弾む。


まるでロケをしているようだった。


時折、Sさんがこちらに目配せして、トイレに行く。
その間、俺とKさんは「二人」きりだ。


俺はKさんと色んな話をした。


そして、ライブの話をした。


俺「11月11日にライブをするんですよ!」
Kさん「ライブ!!??」
俺「はい。たまたまピアニストの方と知り合いになりまして……」
Kさん「すごいじゃないですか?」
俺「よかったら、来ていただけませんか?」
Kさん「11月11日……空いてますよ! 行きます!」
俺「ありがとうございます! 実はSMAP歌うんですよ!」
Kさん「そうなんですか!?」
俺「あと1曲歌んですが……実は、それ……今まで仲良くしてくれたKさんへの恩返しというか……」
Kさん「え?」
俺「まあ、Kさんにあてた曲です! カヴァーですけど……」
Kさん「そうなんですか?」
俺「とにかく! 11月11日是非来てくださいね♪」


俺は久しぶりにKさんと心地の良い対話をすることができた。


俺はKさんを何とかライブに誘うことができた。


これでいいのだ。後はもう告白するだけだ。
その日が来るまで俺は待つだけだ。


解答編


お気づきになられただろか? 


俺は今回へまというへまをしていない。


これは分析すると、今まではKさんと二人きりだったのが、Sさんという仲介人であり、
味方がついたことが大きい。


やはり、恋愛は最終的に2人きりのことになるのだが、味方がいることは大切だ。


俺はもっと早くこのことに気づき、Kさんの身近な存在を味方につけるべきだったのが反省だ。


そうすれば、あまり苦しずに済んだと思うのに……。


友達の期間


よく言われるのは、意中の相手と友達の期間が多いと、その恋は実らない場合が多いということ。


俺はその意見に半分賛成して、半分反対する。


物語として考えたらどうだろう? 


友達の時間は伏線だったと考えれば?


そうすれば、告白されればその関係はドラマになり、どうあがいても、関係は変わる。


俺はもうKさんと元通りの関係には戻れないかもしれない。


でも、俺はそれを選んだ。


ハッキリ言って、これ以上、連絡が取れない状態が繰り返されるのを恐れた。


それは「友達」より下の次元だと思う。


だから、俺は行動することにしたのだ。


間が持つ意味


意中の相手と会えない時間……これは誰にでもつらい時期だろう。


しかし、それも物語として考えれば解釈は変わる。


その時期にも「意味」があるのだ。


前にも行ったかもしれないが、相手と会えない時期は自分をしっかり磨くことだ。


しかし、決して他の人を好きになるべきではない。


中には、トレーニングとして、別の女性と付き合って、最終的に意中の相手に戻る人もいるようだ。


だが、それはお勧めしない。


倫理的な問題もあるが、本当にその「トレーニング相手」と本気になってしまったらどうだろう?


あなたは元の「意中の女性」に戻ることはできない。


それは果たして幸せなのだろうか?


俺は別の人を好きにならなくて本当に良かったと思う。


結果的に一途でいたおかげで、連絡が取れない時間は多かったが、
お互いを意識する関係にはなれたのだ。


それだけで、もうレベルを1つ上がっていることになる。


俺が後すべきなのは、もう「告白」だけだ。
俺は身体的にも精神的にもそれを実感していた。


タグ

関連記事

100%出会える系サイト特集

コメント

コメントを投稿

登録者数No.1はPCMAX!

18禁公式サイト:http://pcmax.jp/

最近PCMAXが熱い!
まずは無料登録から。

おすすめ出会い系ランキング

自分から彼女を探したい!
おすすめの出会い系サイトを集めました。

出会える体験談

私は、このサイトを使って出会えました。
出会いの体験談をご紹介します。

恋愛コンサルタント一覧