あなたは何系?ファッションが持つ印象効果!

Sakuyoshi

2017年5月25日

いくらかファッションのことは書いてきましたが、なかなかに好評な様子。
正解のないファッションはいくら勉強しても足りませんよね。
今回はいままでよりも少しステップアップして、
ファッションの系統や印象、そしてコツについて細かく説明していきたいと思います。


いくらかければいいのか


ファッションに興味の無い友人からよくこういった質問を受けます。


「結局いくらくらいの服を買えばいいの?」


まず、みなさんに把握しておいていただきたいのは
レディースとメンズでは価格設定が大きく異なるということです。
つまり、同じ5000円を支払っても、買える服の品質が違います。
原因は男性から上記の質問が出やすいことから、だいたいの予想がつくかと思います。


男性は女性よりも服を買いません。


市場はそういった点を考慮して服の製造にかかっているわけです。
需要が少ないために供給もレディースより減ります。
すると、工場へと受注する際に大量生産が難しくなり、必然的に単価が高くなります。
また、家庭内で金銭的な実権を男性が握っている場合が多いため
男性からはお金が出やすい、という考えの表れでもあります。
結局のところ、男性は相場を理解していないことが多いですから
店員さんにうまいこと乗せられて服を買っていますし。


それでも男性陣はそうした不利益を理解しつつも服を購入せねばなりません。
余談はこれくらいにして、男性が衣服にかけるべき値段を考えてみました。
が、それではみなさんが通うお店によって大きな差が出てしまうので
ブランドで縛って考えた方がよいことに気が付きました。
地方に行くと、どうやら聴いたこともないお店がちらほら
あり得ない価格帯で商品を扱っていて騙されてしまう場合もあるので
できれば、東京のルミネや表参道ヒルズには籍を置けるレベルのブランドでショッピングしましょう。


紳士なファッション


https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/SASAKI-FUJIWORI/20151214/20151214152053.jpg


上品でリッチな雰囲気をアピールしたい方はトラッドやプレッピーをおすすめします。
ブレザージャケットや革靴なんかは他のファッションと比べて少々お値段が張りますが
大切に扱えば長年使えますし、組み合わせ次第では様々な場面で使える万能なアイテムです。
ファッションが苦手という方でも、伝統的なスタイルですので
あまり苦労せずともオシャレに見えます、ここがポイントです。
これらのスタイルはなんといっても「差異」のファッションですから。
ネクタイのチョイスやポケットチーフによる差し色など、細部で楽しむお洒落です。


意外と難しいカジュアル


カジュアルファッションは無難なイメージですが、実はとっても難しい。
なぜなら、カジュアルで機能性を重視した分ファッション性を欠いているためです。
カジュアルを楽しむ人は、服の質や着丈、また髪形や小物で勝負をしている方が多いです。
つまり、どちらかというとオシャレに魅せるという意味では上級者向けのファッションなのです。
逆に、ダサいファッションをしている方で一番多いのもカジュアルです。
また、大人カジュアルで特に気を付けなければならないのは、高価な小物をアピールしないこと。ありがちなんです。
カジュアルは値段だとか気品なんかからは解放されたファッションであるべきです。


ポイントとしては、「色」ではなく「色合い」や「質感」に注目して商品を選んでください。
鋭い色は選ばず、しかし、あまりルーズでありすぎないよう心がけてください。
カジュアルはあなたの「無防備」で「自然な」姿を表しやすいです。
女性としても(あなたに)無警戒で近づきやすい、そんな印象を与えるファッションですので
相手を落胆させることのないように、ダサいとオシャレの境界を理解たうえで着こなしましょう。
ファッションが苦手な人は、一度カジュアルを離脱しましょう。


縛りのあるファッション


現代の流行りであるスポーティーやストリートは年齢に縛りがあります。
30代、40代の方はやや苦手とするファッションでもあります。
リバイバル(流行の再来)として着たくなる気持ちもわかりますが、
年齢がそぐわない場合は一度距離を置くべきファッションです。
女性としても、「年相応」という言葉をイメージしてしまうでしょう。
彼女となるにはあまり安心感を抱けないファッションです。


モード系とまとめ


モードはフランス語でファッションという意味です。
日本で強いイメージとしては、「モノトーン」、「ハイブランド」
といったあたりでしょうか。
モードのアイディアを借用すれば、案外楽にオシャレにになることができます。
スティーブジョブスは、黒のタートルネックニットをいつも着ていましたよね。
彼は、あの「洗練された」「無駄のない」デザインをこよなく愛していました。
別にハイブランドにこだわる必要はありません。
ただ、ハイブランドのほうがよりそういった要素を含んだ衣服を販売しているというだけです。


最も簡単にオシャレに見える方法は、高価で洗練されたアイテムをいくつか買って合わせるだけでいいのです。
もちろん、そこから様々な応用を行なう必要はありますが、まずは素地を作ることが大切です。


また、高価な服を着ると、なぜそれほどの価値があるのか理解できるようになります。
ラックにかかった状態の服と着用した状態の服では、全く顔が異なります。
一度でいいので、試してみてください。きっと、あなたの気になる女性も声をかけざるを得ないと思いますから。


タグ

関連記事

100%出会える系サイト特集

コメント

コメントを投稿

登録者数No.1はワクワクメール!

18禁公式サイト:https://550909.com/

最近ワクワクメールが熱い!
まずは無料登録から。

おすすめ出会い系ランキング

自分から彼女を探したい!
おすすめの出会い系サイトを集めました。

出会える体験談

私は、このサイトを使って出会えました。
出会いの体験談をご紹介します。

恋愛コンサルタント一覧