【物語】30年間恋愛経験なしの俺にも彼女が出来た!(8)

jacker

2017年8月31日

これまでのあらすじ


Kさんとカフェに行き、意気投合して、カラオケに行くことになった。
カラオケはカフェに行ったおよそ1か月後に予定していた。
3月11日だ。


Kさんもかなり忙しい身なので、相手のペースを尊重した結果だ。


特にその間、Kさんと俺は連絡は取らなかった。
カラオケの日の1週間前に俺はKさんに電話をした。


最初はKさんは電話に出なかったが、すぐに折り返し電話を返してくれた。
俺「来週よろしくお願いします! 」
Kさん「はい! お願いします!」


そしてカラオケの日がやってきた。俺の人生で初の女性との2人きりのカラオケだ……。


http://howcollect.cdn-donuts.jp/files/20150225050259-3109-923_raw.jpg


2人きりのカラオケ


元気がなさそうなKさん


俺は予定より15分ほど早く、カラオケに到着した。
俺は何でも予定より先に行動するタイプで、こともあろうに相手は意中のKさんだ。
相手に待たせるわけには行けない。


その日、14時にカラオケに集合ということになっていた。
3月11日だ。
カフェの日からおよそ1か月後だ。


時間が空きすぎじゃないか、と思われるかもしれないが、Kさんはお忙しい身分だ。
Kさんにしつこく付きまとうストーカーのようにはなりたくなかった。


14時になった瞬間、Kさんから電話がかかってきた。
なんだか嫌な予感がする……。俺は今まで友人にドタキャンされた経験を数多く持っていたからだ。


Kさん「ごめんなさい!」
俺(な、なにがごめんなさいなんだ……?)
Kさん「渋滞していて、ちょっと遅れそうです……」
俺(ほっ♪)
俺「いいですよ! ゆっくり来てください!」


ここまでビビりなのは、俺が本当に女性とのデートに慣れていない証だ。


そして10分遅れで、Kさんがやってきた。
Kさんの表情から、Kさんが元気なさそうなのが分かった。


俺「お疲れですか?」
Kさん「いや、昨日家族で山登りをして、筋肉痛なんです……」


見ると、Kさんはフラフラだ。それでも来てくれたことに感謝以外のことばが見つからない。


https://www.dmg.co.jp/cgi-bin/shop_dmg/p_image/1085p2.png


カラオケスタート!


俺とKさんさんは禁煙の2人部屋に入った。
俺はドアの側に座った。


カラオケあるあるだが、最初の歌が決まらない。
俺から歌うことにした。


Kさんが好きなビジュアル系ロックバンドの歌だ。
Kさんはノリノリで一緒に口ずさんでくれた。


次にKさんが歌う。俺もよく知らないマニアックなロックバンドの歌だった。
「死ね!」という歌詞が入っていて、Kさんのそのときの心境に、俺はそのとき気づきべきだったのだが……。


しかし、カラオケ自体はかなり上手く行った。


盛り上がる曲を集中的に入れて、俺→Kさんの順番に歌った。


女性と2人きりのカラオケがこんなに楽しいとは思わなかった。


すると、Kさんが嵐の『truth』という曲を入れた。


Kさん「ジャニーズ、好きなんですね!」


これは知らなかった。他でもない、俺もジャニーズの歌が好きなのだ。


俺は少年隊の『ふたり』という曲を入れた。これは暗にメッセージだったのだが、Kさんには伝わったのだろうか?


その後はロックバンドやジャニーズ系の曲のオンパレードで、最後の方はしっとりとしたバラードが多くなった。


かなり雰囲気は良かったが、俺は何もしない! と心に決めていた。


Kさんがトイレに行ったとき、隣にあるKさんのマフラーが目に留まった。
しかし、俺は理性を働かせて、それには何も手を出さずに過ごした。まあ、当たり前だが……。


カラオケは3時間歌い、最後は『世界に一つだけの花』で終わった。


http://www.forum8.co.jp/product/image/parking12.jpg


駐車場にて


Kさん「今日は楽しかったですね!」
Kさんからこのことばを言ってくれたのが、何よりの幸いだ。
俺「はい! また、行きましょう!」
Kさん「私たち、同世代だから、もっと2人で歌えるあるでしょうし!」


「同世代」、そう俺とKさんは1歳しか年齢が変わらない。
この「共通項」を今後も活かせないか……とふと俺は感じた。


しばらくカラオケの余韻に浸り、Kさんが寒そうだったので、分かれることにした。


俺「また次は、カフェに行きましょう! いつがいいですか?」
Kさん「そうですね……年度末は忙しいから、4月とか?」
俺「はい! また連絡します!」


次の予定を取り付け、俺たちは「ふたり」だけの時間を終えた。


解答編


恋愛上手な男子なら、もっとうまくカラオケデートをするのだろうが、俺にはこれが精いっぱいだった。


カラオケデートだけで女性を落とすくらいのツワモノもいるが、単なるマスコットだけの俺にはそれは無理だ。


カラオケに来てくれただけでも、嬉しかったのが正直な感想だ。


しかし、欲を言えば、ここで思わせぶりな歌をもっと歌うべきだったのだ。


今後、Kさんとすぐに出会える可能性は高いとは言えない。


だから、ここで勝負を決めてもよかったのだ。「


しかし、ビビりな俺にはそれはできなかった。


これだけでも30年彼女がいない俺にとっては健闘だったと思ってほしい。


http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2014102800220/file_contents/danjosuisin.PNG


2人だけの時間と空間の共有


もうお気づきの人はいるかもしれないが、カラオケに2人だけでやってくるというのは、
端から見たら、もうカップルだ。


2人きりの個室では、何をされるかわからない、と女性は怖がるものだ。


それでもKさんは来てくれた。ボロボロの身体で。


だから、Kさんは俺に結構気を許してくれているのだと認識できる。


このカラオケデートを足掛かりにどんどん距離を縮めたい、そう俺は思った。


タグ

関連記事

100%出会える系サイト特集

コメント

コメントを投稿

登録者数No.1はワクワクメール!

18禁公式サイト:https://550909.com/

最近ワクワクメールが熱い!
まずは無料登録から。

おすすめ出会い系ランキング

自分から彼女を探したい!
おすすめの出会い系サイトを集めました。

出会える体験談

私は、このサイトを使って出会えました。
出会いの体験談をご紹介します。

恋愛コンサルタント一覧